【音楽に包まれる】『ムジークフェストなら』のみどころ・日程・会場など【奈良公園】

梅雨シーズンの奈良に登場した新たな魅力「ムジークフェスト」とは?

天気がぐずつくことが多い梅雨シーズン。奈良市を訪れる観光客も観光シーズンである5月と比べると毎年落ち込む傾向にありますが、そんな「観光の谷間」を埋め合わせるかのように突如2012年から現れた大規模なイベントが「ムジークフェストなら」

「ムジークフェスト」とは、簡単に言えば巨大な「音楽祭」で、奈良公園周辺を中心に奈良県内各地で様々な音楽イベントが行われるというものです。

近年は知名度や人気もどんどん上昇し、すっかり奈良の6月の定番イベントとなってきた「ムジークフェスト」ですが、ここでは改めてその内容や日程について簡単にまとめていきたいと思います。

「ムジークフェストなら」の開催期間

さて、ムジークフェストの内容について見ていく前に、その開催期間について確認していきましょう。

「ムジークフェストなら」の開催期間は、毎年一定ではなく開催期間は変化しています。

2019年の開催期間は5月18日(土)~6月9日(日)の計23日間となっています。

この期間中は、土日を中心としつつも、平日も含めて様々なイベントが行われることになるわけです。

「ムジークフェストなら」の内容と会場

比較的長期間に渡って行われるムジークフェストですが、その内容は、基本的に多彩な「コンサート」の開催が中心となっています。

音楽のジャンルとしては、「上質な音楽」と銘打って、クラシックやジャズを中心に、伝統的な邦楽や民族音楽なども交えた様々なアーティストが参加することになっています。

もちろん、毎年出演者は様々な方が登場されますので、飽きることなどはまったくありません。

コンサートが行われる「会場」ですが、これはまちなかのカフェから駅前広場、お寺や神社、その他観光施設など、「奈良のまち」「奈良県」全体を舞台として実施されることになっています。中心的な会場としては、奈良公園内「春日野園地」に設けられた「ムジークプラッツ」が挙げられますが、決して奈良公園内だけに留まることなく、あちこちでコンサートは実施されています。

例えば、寺社でも「東大寺」や「春日大社」「唐招提寺」などといったメジャーなスポット以外にも、これまでの実績では「般若寺」や「不空院」といった静かなお寺でも開催されていることからも、いかに奈良全体が「会場」となっているかがお分かりいただけるかと思います。

そのため、いわゆる「文化会館」のような施設で行われるコンサートは、むしろ少数派になっている訳です。

なお、会場は奈良県内各地に散らばっているため、各会場へのアクセスはそれぞれきちんと調べた上でアクセスして頂く必要があることは言うまでもありません。

「無料公演」と「有料公演」について

そのような「多彩な音楽」を「多彩な会場」で実施することが特徴と言える「ムジークフェストなら」ですが、行われるコンサートには「無料」「有料」・「申込不要」「要申込」のイベントが混在しています。

駅前などで行われるコンサートは無料でふらりと立ち寄ってみることが出来ますし、施設で行われるようなコンサートでも、無料のものや特に申し込みが必要ないものもあるほか、「要申込」であったとしても、料金は無料となっているコンサートも相当な数設けられています。

一方で、小さなコンサートでも、巨大会場で行う本格的コンサートでも、きちんと事前申し込みの上「料金」を取るようになっているイベントも多くなっています。

開催期間中に奈良公園周辺をうろうろしているだけで楽しむことが出来るコンサート・演奏も多数ありますが、興味のある音楽ジャンルのコンサートを目当てに訪れる場合は、しっかりと毎年の開催要項・個々のコンサートの案内をきちんと確かめた上で参加するという形がおすすめです。

まとめ

以上、6月の定番イベントとしてすっかり奈良のまちに定着した「ムジークフェストなら」の概要をまとめて参りました。

基本的に、ムジークフェストは一つの会場ではなくあちこちで行われるイベントとなっているため、一つの会場で盛大なお祭りが行われるようなものではありません。むしろ、県全体を挙げて巨大な「音楽祭」をやっているという風に捉えて頂いたほうがわかりやすいでしょう。

コンサートは無料、有料も含め、豊富なジャンルから行ってみたいコンサートをお好きに選んで頂くことが可能となっています。会場が分散していますので、全てのコンサートを巡るようなことはまず不可能ですが、上質な音楽で包まれる初夏のひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか。


関連記事:奈良市内のおすすめ「人気観光スポット」30選