【奈良の冬の風物詩】若草山の山焼き徹底ガイド【日程・内容・歴史など】

最も寒い時期に奈良を彩る鮮やかな「山焼き」

奈良の1月を彩る代表的な行事として挙げられる「若草山山焼き」

一般の「都市」の真横にある山の全体が火に包まれる姿は、全国的にも大変珍しく、その姿は全国ニュースなどでも放映されるなど、奈良の年中行事の中で最も有名な行事の一つとなっています。

また、山焼きは山の麓だけではなく、奈良市内の様々なスポットから眺めることが出来るため、当日は日頃人が集まらないような場所でも「若草山」が見えるスポットであれば賑わいを見せるなど、いつもとは違うまちの姿を見せることになります。

そんな「山焼き」ですが、一年で最も寒い時期に行われることもあり、その「鑑賞」を楽しんで頂くには日程や内容(流れ)、また当日の交通アクセスなどについてきちんと把握しておく必要があります。

ここでは、山焼きの概要について、一通り全て理解して頂けるようにまとめてみました。どうぞご参考にしてください。

若草山山焼きの歴史・由来

まずは、イベント情報の前に、山焼きという行事そのものの歴史・由来について確認しておきます。

山焼きという行事は、大変古い時代から行われていました。江戸時代初期には既に「若草山」という名前が登場していたこともあり、その時期には既に山焼き(野焼き)が広く実施されていたとも言われていますが、現在の若草山の位置に火を放つということは、「東大寺」と「興福寺」の勢力争いの一環として、既に鎌倉時代の歴史書などにも記述があるとされています。若草山がはげ山になった原因、また山焼きの起源については確かな記録はありませんが、お寺同士の権力争いなど何らかの原因で「若草山」がはげ山となり、その後は環境を維持するために野焼きが頻繁になされるようになり、次第に「山焼き」という公的な行事へと変化していったものと思われます。

現在のように「観光行事」として位置付けられ始めたのは、1世紀以上前の1900年(明治33年)。この年から日中ではなく、夜間に「山焼き」を実施するようになり、単なる環境保全ではなく、「鑑賞」の対象として観光行事化されることになりました。

なお、実施する日程は長らく紀元節(2月11日・建国記念日)でしたが、戦後は成人の日に変更され、その後近年になると1月の第四土曜日に変更されるなど、必ずしも歴史的に同じ日程が受け継がれてきた訳ではありません。

日程・内容

さて、次に「山焼き」行事の日程や当日の流れ、内容について簡単にご紹介して参ります。

まず、実施日程ですが、先述したように、

現在は、

1月の第4土曜日

が実施日となっています。長らく成人の日の実施でしたが、センター試験のリスニングと山焼き前の「花火」が重複することに苦情があったため、近年になって日程は月末に変更されることになったのです。

なお、当日が雨天・積雪など気象条件が悪い場合は実施されません。この場合、翌日などに日程が延期されたり、中止となる場合があります。

山焼きの実施時間とその流れですが、

現在では、

18時15分

からまず「花火」が打ち上げられます。

なお、近年は花火の内容が少しづつグレードアップしているように思われます。また、山焼きの「写真」を撮る愛好家の方もほぼ必ず「花火」も一緒にレンズに収めようとなさるため、この「花火」も山焼きと並ぶ大きな「みどころ」になっています。(そもそも、年末以外の冬季に大花火大会があることが非常に珍しいことです。)

その後、花火が打ち上げ終わると、

18時30分ごろ

から山に「点火」され、山焼きが始まります。

ここからは、その年の天候、風の強さ、乾燥具合などにより、燃え広がり方は全く異なります。

ひどい年はほとんど燃えないこともあれば、乾燥が進み風がそれなりに吹いているような「条件の良すぎる年」の場合、少し危険なくらい急速に山肌に火が広がります。

なお、「観光写真」で見るように、「山肌」の一面が火で覆われるような風景は、肉眼で見ることができません。

あのような構図は、シャッターを数十分間押しっぱなしにすることで生み出される特殊な画像であり、実際には、山をじわじわと「火のライン・塊」が動いていくような臨場感のある形で、「山焼き」は見えることになります。

山焼きはしばらく続きますが、特によく燃える時間は、開始後30分程度までで、その後は少しづつ小ぶりな火となり、1時間ほど経過する頃になると、最終的にはほとんど火の姿は見えなくなります。

山焼き鑑賞スポットと交通アクセス

若草山の山焼きを見るときに大切なことは、「どこで見るか」をあらかじめ考えていく事です。もちろん、奈良公園や東大寺周辺をうろうろしているだけでも、大抵の場合若草山がそれなりに見えますので、十分に風情は感じて頂くことは可能です。

しかし、せっかくなので、同じ場所で、かつよく見えるところでしっかりとカメラを構えたい。そんな風に思う人も多いはずです。。

基本的には、

臨場感を感じたい場合は「若草山山麓」の「人混み」の中で鑑賞するのが一番ですし、

広々とした写真を撮りたい方は、「若草山」を一望する「平城宮跡」や「大池」などの「眺望スポット」で防寒対策をしながら鑑賞することが最も確かな方法です。

そして、じっくりと落ち着いて眺めたい方は、予約が難しく、料金も割高にはなりますが、若草山が見える部屋を持つホテルに宿泊することが一番ベターです。

なお、眺望スポットとしては、当日は「奈良県庁屋上」なども無料開放されますが、あらかじめ抽選で選ばれた人以外は入場できません。

要するに、どんな風に眺めたいかによって、当日行くべきスポットは全く異なってくるわけなのです。また、スポットは必ずしも若草山に近いとも限りません(薬師寺近くの大池などは、若草山から6キロくらい離れています)。

また、当日は若草山周辺では16時ごろからマイカー規制が行われ、東大寺・奈良公園・若草山周辺はバスやタクシーと言った公共車両専用となります。

クルマで若草山麓に行くためには、ならまちなどの周辺エリアに駐車して徒歩で行くか、また奈良駅前の駐車場にとめてバスに乗り継ぐ必要があります。

しかし、当日は渋滞が起こる可能性も高い上、場所によってはかなり割高になる「駐車料金」などの手間を考えれば、例え「4人家族」などのファミリー層であっても、あらかじめ電車などの公共交通機関を利用して訪れることをおすすめします。無論、一人や二人で訪れる場合は言うまでもありません。

その他小ネタ

さて、若草山の山焼きをめぐっては、滅多に起こることではありませんが、ユニークな事件が起こり得ることもあります。

それは「降灰」です。2017年実施の山焼きでは、当日の風向きが市街地方面(北東)方向であったため、山焼きで舞い上げられた芝生の「灰」が、大量に奈良のまちに降り注ぎました。

この記事を書いている筆者は「ならまち」のど真ん中に住んでいますが、やはり自宅の屋上は「カラスの羽根」のような細長い真っ黒な灰がたくさん落ちていました。また、山から4キロ近く離れた奈良市役所付近まで灰は飛んだと言われ、数十年ぶりと言われる「降灰」は市内で「ちょっとした話題」となりました。

もちろん、「奈良」のまちのことですから、苦情が殺到したり、ニュースになることはまったくありませんでした。

しかし、これが大きな都市であれば、特に「高級外車が汚れた。」とかいった苦情がすさまじいものであっただろう。などといったことは容易に想像できてしまいます。

結果として、この「降灰」は、何か変わったことが起こっても、「なんとなく」やり過ごす奈良市民の穏やかさを再認識する機会でもありました。

まとめ

以上、「若草山」山焼きの概要についてまとめてきました。

若草山の山焼きは、最初の花火から火が消え終わるまで、約1時間程度に渡り、大変珍しい風景を楽しみ続けることができる貴重な行事です。

当日は道路渋滞が起こったり、日頃混雑しないスポットに人だかりができることもありますが、あらかじめどこで鑑賞するかを決めていく事により、スムーズに「鑑賞」に集中することができます。

写真で見るきらびやかな「山焼き」ももちろん美しいですが、山肌を火柱が駆け上っていく臨場感は、「この目」で確かめるしかありません。

なるべく大勢の方が、色々な場所から、思い思いの「山焼き」を楽しんで頂けるように、奈良の受け入れ側も準備しておられますので、ぜひ気兼ねなくお越しいただければと思います。