水谷茶屋(奈良公園)

【水谷茶屋】紅葉や新緑が美しい奈良公園を代表する写真撮影スポット

ごあんない

奈良公園の「奥地」にある「茶屋」

水谷茶屋(みずやちゃや)は奈良公園内の東部、春日山原始林にほぼ隣接するようなやや奥まった位置にあり、春日大社や若草山麓にほど近い小川の流れる谷筋に位置する観光客向けの「茶屋」です。茶屋は現在もしっかりと営業しており、和風スイーツやお飲み物を味わって頂けるお店になっています。

奈良公園有数の「美しい風景」を味わう

この「茶屋」の建物は大正時代に建てられた茅葺き屋根の建築が現在も用いられており、その貴重な茅葺き屋根だけでも十分な風情を感じさせるものとなっています。

また建物の美しさに加え、茶屋の周囲は一面の木々・自然に囲まれており、その自然が生み出す新緑や紅葉といった季節ごとの彩りと、美しい茅葺きの共演が一層味わい深い風景を生み出しています。特に紅葉は茅葺き屋根に降り積もった色とりどりの落ち葉や、木漏れ日など含め非常に「画」になる風景であり、奈良公園内の「紅葉」を象徴するスポットとして観光キャンペーンの広告に用いられたりもしています。

薄暗い雰囲気も魅力の一つ

周辺は春日大社や若草山に近く、水谷茶屋周辺も年間を通して観光客は比較的多くなっていますが、興福寺周辺や東大寺大仏殿、国立博物館周辺一帯などと比べるとそれほど多くはなく、時期によっては木々に囲まれた美しい風景をひっそりとした風情で楽しむことが可能です。また、芝生が広がる「明るい」奈良公園のイメージとは異なり、水谷茶屋周辺は春日山一帯の薄暗く神秘的な雰囲気を漂わせたエリアとなっており、奈良という土地の奥深さをじっくりと味わうことが出来るスポットともなっています。

リンク 水谷茶屋

水谷茶屋の風景

水谷茶屋(奈良公園)

緑に包まれ昼間でも薄暗い「水谷茶屋」

奈良公園内の中でも若草山・春日山に非常に近い位置にある水谷茶屋。周辺は山麓らしくうっそうとした森が一面に広がっており、茶屋のある木陰は昼間でも薄暗くなっています。

水谷神社近くから眺める水谷茶屋

日差しに照らされる茅葺き屋根は大変美しく、奈良市近辺では複数の茅葺き建築が保存されている「大和民俗公園」くらいでしか見ることが出来ないような風情を味わうことができます。

西側から望む水谷茶屋

美しい「風景」ばかりクローズアップされがちな水谷茶屋ですが、その本来の役割は「茶屋」そのものであり、夏はかき氷、冬はぜんざいといった和の「スイーツ」を気軽にお楽しみいただけるお店になっています。

紅葉に包まれる水谷茶屋

紅葉シーズンの水谷茶屋

紅葉シーズンには、一面に降り積もった落ち葉が木漏れ日に照らされて光り輝く様子は実に美しい風景を生み出します。なお、周辺は基本的に薄暗くなっているため、「観光ポスター」に登場するような「圧巻の紅葉」を写真におさめるには時間や光の加減等、やや撮影上のコツが必要となっています。

アクセス

各駅からのアクセス

奈良交通バス

・JR、近鉄奈良駅から「市内循環外回り」・「山村町」・「藤原台」・「鹿野園町」・「奈良佐保短期大学」行き乗車、「東大寺大仏殿・春日大社前」バス停下車、東に徒歩8分

・JR、近鉄奈良駅から「春日大社本殿」行き乗車、終点「春日大社本殿」バス停下車、北東に徒歩3分

ぐるっとバス(土日祝日・観光シーズンのみ運行)

・JR奈良駅、近鉄奈良駅から「ぐるっとバス奈良公園ルート」乗車、「若草山麓」バス停下車、南に徒歩3分

近隣スポット

若草山入山ゲート周辺から南に徒歩3分、春日大社本殿から北に徒歩3分、浮雲園地から東に徒歩5分、春日野園地から南東に徒歩8分、手向山八幡宮から南に徒歩8分

水谷茶屋周辺地図