椚神社(奈良)

【椚神社】空海ゆかりのご神木が「上ツ道」をふさぐように生える神社

ごあんない

京終エリアの「上街道」を塞ぐ様に建つ小さな神社

椚神社は、奈良町の南側に広がる「京終」エリアの一角、奈良町から天理方面へと南北に伸びる「上街道」の途中に道路を一部ふさぐようにそびえる「神木」を中心とした小さな神社です。神社は周辺の風景からはかなり浮いた存在で、祟りを恐れてこの場所だけが特別に扱われてきた歴史がよくわかるようになっています。

弘法大師由来の「ご神木」をお祀りする

一般の民家の真横にそびえるその「神木」は、椚(クヌギ)の木であり、現在「肘塚町」(この地名も深い歴史を持ちます)という地域の一部である神社一帯は、かつてはそれに由来してか「椚町(くぬぎちょう)」とも呼ばれ、奈良のまちの南端部として、鹿よけの柵が設置されていたとも言われています。

また、神木の椚の木の由来は、弘法大師が奈良市内の「柳生」エリアから奈良のまちへやって来た際に、この地で休息をとったという伝説に基づくものであり、その時弘法大師が持っていた「椚の杖」を地面にさしたものが根付いたことに端を発すると言われています。

神木は途中枯死したりしたことにより、現在3代目の椚の木であるとも言われていますが、現在も丁寧な囲いに守られて、京終エリア、上街道を歩く人々が必ず目にするような存在感を放ちながら、今日も身近な歴史を伝え続けています。

一般の知名度は決して高くありませんが、歴史愛好家や神社巡りをされる方にはよく知られたスポットとなっており、周辺を訪れた際には一度は見ておきたい神社となっています。

椚神社の風景

道路上に境内地を有するユニークな「椚神社」

元興寺のあるならまちエリアから帯解寺周辺を通り、天理方面へとひたすら南に進む「上街道」と呼ばれる歴史ある道沿いにある椚神社。細い道が交わる十字路に面する形で、民家の手前の本来道路の敷地となりうる場所が「境内地」となっており、周辺の町並みの中では異色の存在となっています。

椚神社の「クヌギ」と鳥居

神社は立派な椚の木をお祀りしていますが、写真のように緑が生い茂っている時期は比較的短くなっており、秋になると早々に剪定されてしまう場合も多くなっています。

椚神社の小祠

神社の内部にはごく小さな石造の祠が設けられています。神社は全体としてよく手入れされており、近年になり新調された設備も多くみられるなど、地元住民により現在も丁寧に守られている様子が伺えます。

アクセス

各駅からのアクセス

奈良交通バス

近鉄奈良駅から「市内循環外回り」・「市内循環内回り」・「中循環外回り(近鉄奈良駅からのみ)」乗車、「田中町(ならまち南口)」下車、南に徒歩5分

JR奈良駅から「市内循環内回り」乗車、「田中町(ならまち南口)」下車、南に徒歩5分

※田中町バス停を降り、バス停西側にある交差点から南に向けて進んで頂くと、5分ほどで道路上にある「鳥居」が見えてきます。

JR京終駅から東に徒歩3分

※駅前にある小さなマンションの前を東に伸びる道を進んで頂くと、南北に伸びる道路に突き当たり、その道路を北側に少し進むと神社が見えてきます。

近隣スポット

一帯は京終エリア、京終天神社から南東に徒歩5分、京終地蔵院から南東に徒歩5分、璉珹寺から南西に徒歩7分、崇道天皇社から南西に徒歩7分、奈良町格子の家から南に徒歩7分

椚神社周辺地図