穴場観光スポット

【奈良・大安寺】消えゆく農村の風情を感じる「大安寺周辺の田園風景」をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奈良・大安寺周辺の田園風景

ごあんない

がん封じで有名な「大安寺」周辺は身近な「農村」としての歴史を持つ

JR奈良駅の南約1キロ程度の位置にある癌封じで有名な「大安寺」一帯には、団地や多くの住宅が立ち並ぶ奈良市街地の周辺地域であるにも関わらず、その一部には実に穏やかな「田園風景」が広がっており、「大安寺村」としてかつては奈良を代表するような大きな農村であった時代の面影を色濃く残しています。

奈良盆地内のその他のエリアとほぼ同様に、5月末から6月初頭にかけての時期になると、田園に一斉に水が張られはじめ、水の張られた田んぼとその背景には若草山・春日山・高円山が広がるという、昔ながらの奈良をイメージさせる贅沢な風景が広がります。

奈良市内最大級の再開発事業によって風景が変わります

しかしながら、現在この田園地帯を横切るJR線(大和路線)には現在の「済生会奈良病院」付近に新駅の建設が予定されており、それに伴って商業施設や新しい住宅街の建設を行う、現在までに行われたものとしては市内最大規模に匹敵する「土地区画整理事業」、「再開発」も実施されるため、この田園風景はその風景のうち西半分が約10年以内には市街化される見込みとなっています。

この田園地帯は「大安寺」や「大安寺八幡神社」、「大安寺塔跡」といった比較的知名度の高い観光スポットの近くにありますので、観光のついでに少しだけ足を延ばし、散歩をしながら「消えゆく」奈良ののどかな日常を感じてみてはいかがでしょうか。

大安寺周辺の田園風景

大安寺周辺の「田植え」の季節

大安寺周辺からは、田園風景を背景に若草山や春日山、高円山といった奈良の山並みを望むことが出来ます。田んぼいっぱいに水が張られる田植えの時期は、「水辺」の少ない奈良とは思えないような風景も広がります。

初秋の大安寺周辺

秋になると、稲穂が成長し周辺一帯は「黄色」に包まれ始め、田園風景に浮かぶ「大安寺八幡神社」の鳥居も田園風景と調和した風情を生み出します。

奈良・八条周辺の農村風景

周辺は「奈良盆地」の典型とも言える、日本家屋の多い集落を囲む形の田園風景が広がっています。

大安寺周辺で開催の現代アートイベントと田園風景

2016年には現代アートのイベントも大安寺塔跡で開催され、田園風景の向こうにはかつての塔をかたどったユニークな構造物が設置されました。なお、今後このようなイベントが行われるかは未定となっています。

アクセス

各駅からのアクセス

奈良交通バス

・JR、近鉄奈良駅から「シャープ前」・「白土町」・「イオンモール大和郡山」・「杏南町」・「杏中町」行き乗車、「大安寺」バス停下車、西に徒歩8分

・JR、近鉄奈良駅から「恋の窪町」行き乗車、「大安寺西口」バス停下車、東に徒歩8分

近隣スポット

大安寺から南西にすぐ、大安寺(元石清水)八幡神社から西にすぐ、大安寺塔跡から西にすぐ、大安寺杉山古墳・大安寺杉山瓦窯跡から南西に徒歩5分程度、佐保川の桜並木一帯から東に徒歩約10分

「大安寺周辺の田園風景」周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加