穴場観光スポット

【柳生街道】石垣と石室沿いをじっくり見学できる「水木古墳」ってどんなところ?【大柳生】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水木古墳(大柳生)

ごあんない

夜支布山口神社に近い位置にある小さな古墳

水木古墳(みずきこふん)は、柳生街道沿いの農村「大柳生エリア」の南部に位置し、多数の境内社のある比較的大規模な神社として知られる「夜支布山口神社」の東側すぐの位置にある小規模な古墳です。

6世紀後半から6世紀末ごろの築造とされている古墳は被葬者等の詳細は一切不明の円墳となっており、直径は約16メートルと小さなものですが、古墳時代後期の古墳の多くに見られる特徴である、「群衆墳」と呼ばれる小さな古墳などが密集する形ではなく、水木古墳だけが単独で築造されているというユニークな存在となっており、奈良市東部山間部・大和高原エリアでは都祁地区の「三陵墓古墳群」などと並ぶ地域を代表するような古墳となっています。

石垣と石室を残す古墳は立ち入り可能です

現在の古墳は中央部に横穴式石室とその周囲には築造当初のものとされる石材を垂直に並べた石垣が残されており、かつては石室の上部もあったためもう少し高さがあったようですが、現在は古墳の下部しか残されていないため、平たい印象を受ける存在となっています。

なお、発掘の際には須恵器・土師器・鉄製品・馬具の出土以外にも墳丘の東側では直径20センチほどの木の柱を立てる穴が複数発見されているほか、石室を塞ぐ「閉塞石」も設けられていたとされています。

現在の水木古墳は、柳生街道のハイキングの途中に立ち寄りやすいスポットとして、小さな古墳の外周や石室部分にも入って頂けるようになっており、市内のその他の古墳と比べ、かつての痕跡が残っている割には自由に見て頂ける数少ない古墳となっています。田園風景に包まれた古墳の姿は、さわやかな気分と歴史のロマンを同時に感じさせてくれる空間となっていますので、柳生街道沿いのハイキングの折にはぜひお立ち寄りになって、身近な歴史を感じてみてはいかがでしょうか。

水木古墳のみどころ・風景

水木古墳(大柳生)

田園風景の中に調和するような形で静かに佇む水木古墳。規模は小さなものですが、往時の「石垣」などがそのまま残される姿は必見の存在となっています。

水木古墳(大柳生)の石室部分

石室部分は石段が設置され、立ち入ることができるようになっています。現在は石室の上部がありませんので、そのスケールを推し量ることは難しくなっていますが、木棺を納める比較的大きな石室であったとされています。

水木古墳(大柳生)の案内板

アクセス

各駅からのアクセス

奈良交通バス

・JR奈良駅西口、近鉄奈良駅から「柳生」・「邑地中村」・「石打」行き乗車、「大柳生」下車、南に徒歩11分

近隣スポット

夜支布山口神社から東に徒歩4分・南明寺から南西に徒歩約30分・円成寺から北東に徒歩約30分

水木古墳周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加