穴場観光スポット

【東大寺】その名の通り行基菩薩坐像のある「行基堂」ってどんなところ?【向拝】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東大寺行基堂

ごあんない

「鐘楼」があるエリアにひっそりと佇く小さなお堂

東大寺「行基堂」は、大仏殿のあるエリアと、二月堂や三月堂がある「上院」エリアの中間点にあり、「奈良太郎」で知られる東大寺鐘楼などのある「鐘楼ヶ丘」エリアにあるごく小さなお堂です。

お堂自体は鐘楼の北東側すぐの場所にあり、小さいお堂のため気づかない場合もあるかもしれませんが、江戸時代初期に建立されたと言われる「宝形造」の建築自体は、「向拝」と呼ばれるお堂の屋根の中央部が前方に張り出した様式が特徴になっており、規模の割には比較的存在感の強い建築となっています。

東大寺大仏の造立に大きな役割を果たした「行基」菩薩を祀る

さて、そんな小さなお堂「行基堂」ですが、行基堂はその名の通り、東大寺の大仏様を造り上げる上で極めて重要な役割を果たした「行基」菩薩と呼ばれる僧侶をお祀りするお堂となっています。

行基菩薩は、朝鮮半島にあった古代国家「百済」出身の渡来人にルーツを持ち、自身は河内国で生まれた僧侶であり、建築技術などを伝え民衆の生活水準の向上に大きな役割を果たす一方、朝廷に無断で仏教の布教を行う「在野」の僧侶として活躍していました。しかし大仏の造立にあたって従来緊張関係にあった朝廷(聖武天皇)により「勧進」職、そして仏教界の頂点とも言える「大僧正」職に任命されることになり、民衆にも強い影響を有する行基菩薩の存在は東大寺を発展させる上で大変重要な役割を果たすことになりました。行基菩薩の存在は、「東大寺」を語る上では、何よりも欠かせない存在と言っても過言ではないのです。

かつては重源上人坐像が、現在は行基菩薩坐像が安置

行基堂の堂内には当初江戸時代までは、東大寺中興の祖である重源上人の功績を伝える存在である「俊乗房重源上人坐像」がお祀りされていましたが、その像が俊乗堂に移動された後は、大仏殿再建に大きな役割を果たした公慶上人により造立が図られ、公慶上人の死後は賢慶と呼ばれる仏師などにより製作された「行基菩薩坐像」が安置されることになり、現在まで行基菩薩がお祀りされ続けています。

行基堂自体は、隣接する俊乗堂のように、基本的には内部は開放されてはいませんが、小さな小窓から拝観して頂けるようになっている場合もありますので、是非行基菩薩の「表情」をご覧になってみてはいかがでしょうか。

東大寺行基堂の風景

東大寺行基堂

小さなお堂である「行基堂」ですが、お堂の前に屋根がせり出している向拝の建築様式となっているため、規模の割には重厚感を感じさせるお堂になっています。

行基堂を真下から望む

行基堂の案内板

アクセス

各駅からのアクセス

奈良交通バス

JR、近鉄奈良駅から「市内循環外回り」・「山村町」・「藤原台」・「鹿野園町」・「奈良佐保短期大学」・「春日大社本殿」行き乗車、「東大寺大仏殿・春日大社前」下車、北東に徒歩11分、または「春日大社本殿」行き乗車、「東大寺大仏殿」下車、北東に徒歩10分

・JR、近鉄奈良駅から「青山住宅」・「州見台八丁目」行き乗車、「今小路」下車、東に徒歩11分

近隣スポット

東大寺鐘楼(奈良太郎)から北東にすぐ、念佛堂から北にすぐ、俊乗堂から東にすぐ、辛国神社から東にすぐ、大湯屋から南に徒歩2分、東大寺大仏殿から東に徒歩5分

東大寺行基堂周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加