穴場観光スポット

【新大宮】市街地にある農村の面影「芝辻の『野神さん』」ってどんなところ?【ご神木】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
芝辻の野神さん(奈良市)

ごあんない

「観光色」の薄い市街地に突如現れるご神木

芝辻の「野神さん」とは、現在はマンションや一戸建ての住宅が密集して広がっている近鉄「新大宮駅」周辺の市街地の中にある巨大な「クスノキ」の「大木」です。

「野神さん(ノガミサン)」と呼ばれる存在は、かつては「農村」のあちこちに存在した「五穀豊穣(豊作)」をお祈りする場所であり、小さな神社のような形をとったり、巨大な木や石に注連縄(しめなわ)を巻いて地域の農民たちの信仰を集めてきたものです。

この芝辻町にある「野神さん」も同じような信仰を集めて来たものであり、現在も立派な大木が道路の一部をふさぐような位置に堂々と立っており、木の周りには注連縄(しめなわ)が巻かれているほか、東側の木の根元には、石仏や巨石が置かれ、お祈りができるスペースとなっています。

昔はあちこちにあった「野神さん」も今では貴重な存在

奈良市内の「野神さん」はかつてはこの「芝辻」の野神さん以外にもたくさんあったようですが、現在は数少ない存在となり、とりわけこのような規模の大木が市街地の中心部に残されているようなケースは大変貴重な存在となっています。現在でも古い地域住民の方が親睦を兼ねてお祈りされているなど信仰の灯は守られ続けており、木を守る取り組みが行われています。

この大木は、「観光スポット」はおろか、歴史スポットとしても一部の民俗文化を愛好する方を除き、ほぼ知名度がゼロの存在ではありますが、奈良の生活に根差した歴史を現在も感じることが出来る数少ないスポットとなっていますので、佐保川周辺散策などの折に気が向けば訪れてみたいスポットになっています。

芝辻の「野神さん(ノガミサン)」の風景

芝辻町(奈良市)の野神さん(ご神木)

マンション、ハイツ、アパート、一戸建てが立ち並ぶごく普通の市街地に伸びる細い道沿いにある「野神さん」の大木。細い道を一層狭くするような形で立っている木が切り倒されて来なかったという歴史は、古くからの地域住民による信仰が現在も続いているという事実を示しています。

芝辻の野神さんの横を通過する細い道

野神さんの隣には大半が切り倒された別の木が根元の部分のみを残しています。この木もかつては信仰の対象であったようにも見えますが、どのような扱いを受けていたのかは定かではありません。

注連縄がかけられた「芝辻の野神さん」

大きな注連縄が巻かれたようなご神木を市内で見る機会は少なくなり、この近辺では「奈良豆比古神社」境内の巨大なクスノキや京終エリアの「椚神社」などのみとなっています。

野神さん(芝辻)の石仏

大楠の東側には、お祈りできるスペースとして石仏や巨石が設置されており、お供え物も置かれています。

アクセス

各駅からのアクセス

近鉄新大宮駅から北東に徒歩4分

JR奈良駅から北東に徒歩14分

近隣スポット

佐保川の桜並木から南に徒歩2分、船橋商店街から西に徒歩10分、大仏鉄道記念公園から南西に徒歩12分、北市戎神社から西に徒歩13分、狭岡神社から南西に徒歩14分

芝辻の「野神さん」周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加