穴場観光スポット

【春日大社】学業の神をお祀りする弁天さん「宗像神社」ってどんなところ?【十五社めぐり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宗像神社(春日大社)

ごあんない

宗像神社(むなかたじんじゃ)は、春日大社本殿の南側一帯(若宮神社周辺)に点在する春日大社の摂末社のうちの一つであり、夫婦大國社で申し込むことで行うことが出来る「若宮十五社めぐり」で回ることが出来る神社の一つとなっており、その順序としては「第十番納札社」に指定された神社となっています。

・この神社は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を御祭神としてお祀りしており、「学問・芸能」などの神様としてご利益があるとされています。また市杵島姫命は神仏習合の流れの中で七福神における「弁天様(弁財天)」と同様の扱いを受けるようになったこともあり、この神社もまた「市杵島姫命=天河弁財天様」をお祀りする神社とされています。

・神社は金龍神社・三十八所神社から紀伊神社に抜ける道の途中にありますが、小ぶりな神社となっているため場合によっては見落としてしまいそうな神社になっているほか、周辺は春日大社の境内地の中では比較的人通りが少ないエリアであるため、「春日山原始林」の時間が止まったかのような独特の雰囲気に囲まれた神秘的な雰囲気を味わって頂くことが可能です。なお、この神社の周辺には「十五社めぐり」でまわるスポットの一部である「遥拝所」が複数設けられていたりもします。

宗像神社の風景

小ぶりな「宗像神社」とその周辺

・春日大社の摂末社の中でも最も小ぶりな神社の一つと言える宗像神社。更に森の奥へと進んだ位置にある紀伊神社と比べると、多少は日差しが差し込むような空間になっていますが、やはり昼間でも薄暗くなっており、原始林の自然と「神域」らしい雰囲気を十分に感じて頂ける「パワースポット」らしい空間にもなっています。

宗像神社の案内板

近年「十五社めぐり」でまわる全てのスポットで新調されたと思われる案内板。学問・芸能にご利益がある「一杵島姫命(天河弁財天)」と表記されている通り、この神社は「弁天さん」の神社とも言える存在になっています。

周辺神社・施設

「紀伊神社」:南東にすぐ

「金龍神社」:北西にすぐ

「三十八所神社」:北西に徒歩2分

「夫婦大國社」:北西に徒歩2分(若宮十五社めぐりなどの「受付」となっています。)

「若宮神社」:北西に徒歩3分

「葛城神社・広瀬神社」:北西に徒歩2分

アクセス

奈良交通バス「春日大社本殿」バス停・ぐるっとバス(土日祝日・観光シーズンのみ運行)「春日大社」バス停(いずれも同じ位置)から南東に徒歩7分

※宗像神社より先にある神社は「紀伊神社」のみとなっています。なお、紀伊神社付近から更に南に進むと、新薬師寺方面へ抜けることも可能です。

宗像神社周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加