穴場観光スポット

【きたまち】余り知られないレトロ感ある風景「旧二条大路沿いの町並み」を写真でご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
旧二条大路沿い(きたまち)の町並み

ごあんない

・かつては数多くの「通り」が縦横無尽に通った巨大都市であった「平城京」。そのうち「東大寺西大門」と平城京の朱雀門前にかけて結ぶメインストリートのひとつであった「二条大路」は、かなりの部分が完全に失われているとは言え、現在も「きたまち」の町並みを貫く形でかつての通りとほぼ同じ位置を道路が通っています。

・奈良の場合、基本的に「三条通り」と「一条通り」を除いては京都と異なり「~条通り」などと呼ばれることがありませんので、この旧二条大路も特に何らかの名称で呼ばれている訳ではありませんが、道沿いには「きたまち」エリアでも有数と言える古い町並みが長い区間に渡って続いています。

・歴史的町並みは西端は「船橋商店街」との交差部から、東は二条大路のゴール地点である東大寺西大門周辺まで続いており、1キロを超えるルート上では特に船橋商店街に近い菖蒲池町・芝辻町界隈と、近鉄奈良駅にも近く、東向北商店街が合流する花芝町・鍋屋町周辺で町家、古家建築が多くなっています。

・南の奈良町エリアとは異なり、「近代」や「昭和レトロ」の香りも漂う「きたまち」エリアらしく、旧二条大路沿いは町家建築のみならずレトロ感ある建物も数多くあり、特に西側は観光化されている訳でもありませんので、静かな雰囲気で現在まで奈良のまちが歩んできた「歴史感」を味わうことが可能となっています。

旧二条大路沿い(きたまち)の町並み

鍋屋町周辺の町並み

東大寺西大門跡付近から伸びる道は、しばらくの間は「町家」が少しずつ点在しているだけの風景が続きますが、奈良女子大学や東向北商店街との合流点に近いエリアは、古い商店や町家、レトロ感ある建築が比較的密集した形で残っています。但し近年は一部がコインパーキング化され、町並みの密度は下がりつつあります。

旧二条大路沿いの古家

旧二条大路沿いには、「町家」でも「大和棟」でもなく、かといって戦後の一般的建築という訳でもないレトロ感あふれる「長屋(古家)」が多いことも特徴の一つとなっています。

船橋商店街近くの町家・大和棟建築

きたまちエリアの西側にあたる船橋商店街近くのエリアには、市街地では珍しい「大和棟」の貴重な建築が一つだけ残されているほか、周辺には数多くの町家が密集しています。なお、このエリアは店舗などはほとんどなく、観光客には全く知られていない町並みエリアとなっています。

きたまちエリア西端部の「レトロ」住宅

船橋商店街の近くには、大正から昭和初期の時期に建設されたと思われるレトロ感あふれる一戸建て住宅が複数残されています。近年までは旧二条大路からこの住宅エリアに入る小路は「未舗装」であり、時代が止まったようなユニークな風景が広がっていましたが、現在は舗装化され、一部は近年建設バブルとなっている「賃貸アパート」に置き換えられており、町並みは少しづつ失われていっています。

アクセス

【町家やレトロ感ある建築が多い芝辻町・菖蒲池町界隈まで】

近鉄奈良駅から北西に徒歩7分

JR奈良駅から北東に徒歩12分

※周辺は少し離れた「称名寺」を除き有名な観光スポットはありません。

【古い商店が立ち並ぶまちの面影を残す花芝町・鍋屋町界隈まで】

近鉄奈良駅から北東に徒歩5分

JR奈良駅から北東に徒歩18分、もしくは奈良交通バス各路線で「近鉄奈良駅」バス停までアクセス、北東に徒歩5分

※東向北商店街の北端部周辺に古い町並みが広がっています。

 

近隣スポット:ルート沿い(内侍原町バス停近く)に「称名寺」が立地、ルート西端は「船橋商店街」と交差、ルート東端は「東大寺西大門跡」「みとりい池園地」にほぼ隣接

周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加