有名観光スポット

【東大寺】無料拝観可能な小さなお堂「四月堂(三昧堂)」ってどんなところ?仏像などを詳しくご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東大寺四月堂

ごあんない

二月堂・三月堂なども立ち並ぶエリアにある小さなお堂

東大寺四月堂(三昧堂)は、東大寺の奥行き、風情を最も強く体感できるエリアとして有名な二月堂や三月堂(法華堂)の位置する「上院」エリアにあるごく小さなお堂です。

名前の由来としては、本来の名前は「三昧堂」ですが、このお堂では毎年四月になると法華三昧会(ほっけさんまいえ)と呼ばれる法要が執り行われることから、次第に「四月堂」という通称で呼ばれるようにもなっていきました。

二月堂由来の十一面観音菩薩がご本尊

お堂の創建時期は、東大寺境内の諸堂と比較すると新しく、平安時代の1021年(治安3年)あるいは1067年(治暦3年)に建立されたと考えられています。また、現在の建物は、江戸時代の1681年(延宝9年)の墨書銘があることから、途中で建て直しが行われたとも推定されます。

堂内にはかつては脚が短く独特の佇まいを見せる「千手観音菩薩立像」が本尊として祀られていましたが、現在は新たな観光スポットとして整備された「東大寺ミュージアム」の展示物として移転され、その代わりに二月堂から十一面観音菩薩立像が招かれ、本尊として安置されています。ちなみにこの十一面観音立像は、奈良市山間部にあった「桃尾寺」の本尊であり、廃寺に伴い二月堂にお祀りされるようになった存在とされています。なお、現在はお堂の中で副次的な存在として安置されている「普賢菩薩」さまに関してもかつては本尊として祀られていたようです。すなわち時代によって本尊が比較的頻繁に代替わりしてきたのがこのお堂の特徴となっているのです。

知名度は低いけど、穴場の「仏像スポット」です

四月堂は、東大寺のウェブサイト等でも積極的には案内されておらず、三月堂や二月堂といった圧倒的な存在感を放つ建物の真横にあるため、近くを通行する際もごく小さなお堂として見過ごしてしまう場合も多いですが、東大寺境内では珍しく、管理者の方(堂守)が近くに常駐しておられる上に、無料で拝観することが可能なお堂となっています。観光スポットとしての扱いはあまりされておらず、東大寺ファン、仏像ファンの方のみに知られるような存在ではありますが、気軽に立ち寄ることが可能ですので、三月堂(法華堂)や二月堂にお越しの際は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

アクセス

各駅からのアクセス

奈良交通バス

JR、近鉄奈良駅から「市内循環外回り」「山村町」「藤原台」「鹿野園町」「奈良佐保短期大学」「春日大社本殿」行き乗車、「東大寺大仏殿・春日大社前」下車、北東に徒歩15分

・JR、近鉄奈良駅から「青山住宅」「州見台八丁目」行き乗車、「今小路」下車、東に徒歩15分

ぐるっとバス(土日祝日・観光シーズンのみ運行)

・JR奈良駅、近鉄奈良駅から「ぐるっとバス奈良公園ルート」乗車、「手向山八幡宮・二月堂前」下車、北に徒歩5分

近鉄奈良駅から東に徒歩25分

JR奈良駅から北東に徒歩35分

近隣スポット

二月堂から南西にすぐ、三月堂から西にすぐ、開山堂(良弁堂)から南にすぐ、手向山八幡宮から北西にすぐ、東大寺鐘楼から東に徒歩3分、俊乗堂から東に徒歩3分

東大寺四月堂(三昧堂)周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加