有名観光スポット

【興福寺】日本で一番美しい八角堂「北円堂」ってどんなところ?公開期間・歴史・みどころ徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
興福寺北円堂

ごあんない

近鉄奈良駅から一番近い世界遺産

興福寺北円堂(ほくえんどう)は、奈良を代表する寺院の一つである「興福寺」境内地の北西端、南円堂や三重塔の北側に位置し、近鉄奈良駅周辺に最も近い位置にある「八角堂」です。駅からは徒歩5分以内と本当にすぐの位置となっており、近鉄奈良駅前のメインストリート「東向商店街」の途中から東に伸びる坂道を登りきると、すぐ北側に美しい北円堂が広がっています。

興福寺の中でも特に古い歴史を持つお堂は「藤原不比等」を弔うために建立

整った美しさを感じさせるお堂の創建は大変古く、藤原不比等の1周忌に際して奈良時代初期の養老5年(721年)に、元明上皇と元正天皇が「長屋王」に勅命を発し、創建させた建築と言われています。すなわち730年に建てられた五重塔等と比較しても、興福寺内の建築としては比較的古い歴史を持つ存在と言えます。なお、周辺は高台となっており、現在は周辺は市街化されていますが、かつては北円堂からは西に広がる平城京や生駒山方面をを一望できたとも言われています。

なお、奈良時代に建てられた「北円堂」はその後平安末期に焼失し、その後鎌倉時代初期の承元四年(1210年)頃に再建され、現在まで残されている建築はその時のものとなっています。但し、建築様式自体は創建当初の色彩を留めており、後世の再建ながらも奈良時代の面影を強く感じさせる外観となっています。なお、再建建築とは言え、現在の興福寺に残る建築物としては、三重塔と並び最も古い存在にもなっています。

運慶一門が生み出した仏教美術の「傑作」を収蔵

堂内には有名な「運慶」作の本尊弥勒如来坐像や、仏教美術の世界では大変有名で、国語の教科書における題材ともなり、日本の彫刻の最高傑作の一つとも言われる「圧倒的な表情」を見せる「無著菩薩・世親菩薩像」(こちらも運慶一門の作品)などが安置されています。なお、仏像は東京などの展覧会に出張展示されることも多くなっています。

拝観は年2回の特別公開期間のみ可能

北円堂は年間を通して開放されているわけではなく、春と秋の特別公開期間のみ拝観することが可能です。公開期間は、基本的に決まった時期となっていますが、展覧会の実施や工事の関係などで日程が年により替わる可能性もありますので、あらかじめ確認の上ご訪問されることをおすすめします。

拝観情報

特別公開期間(例年の傾向)

・春の特別公開期間:4月の第4土曜日~5月の第2日曜日
・秋の特別公開期間:10月の第4土曜日~11月の第2日曜日

拝観時間

9時‐17時(最終入場16時45分)

拝観料

大人 ・大学生 300円
中学・高校生 200円
小学生 100円

アクセス

各駅からのアクセス

近鉄奈良駅から南東に徒歩5分

JR奈良駅から東に徒歩15分

奈良交通バス

・JR奈良駅から近鉄奈良駅方面各路線乗車、「近鉄奈良駅」下車、南東に徒歩5分

近隣スポット

正面の坂道を西に下ると「東向商店街」界隈まで徒歩2分、興福寺南円堂から北西に徒歩2分、興福寺五重塔から北西に徒歩3分、興福寺東金堂から西に徒歩3分、猿沢池から北に徒歩3分

興福寺北円堂周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加