観光お役立ち情報

【格安】奈良交通バスフリー(一日)乗車券の値段・範囲・特典一覧【奈良を観光する】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お得に奈良をめぐるにはバスが便利!

今日も大勢の観光客でにぎわう奈良のまち。

そんな奈良を代表する観光スポットには「東大寺」「春日大社」「奈良公園」などがありますが、多くのスポットが比較的「奈良駅」の周辺にまとまっており、京都よりは観光しやすくなっています。しかし、全ての観光地へ駅前から「徒歩」で行ける訳ではありません。

そんな時に便利なのは、「バス」。奈良では全てのバスが「奈良交通」により運行されており、主要なスポットへのアクセスは比較的充実しています。

今回はそんな「奈良交通」バスのお得なきっぷ、「フリー乗車券(一日乗車券)」の値段や利用範囲、特典などについてまとめてみました。

奈良交通フリー乗車券(一日乗車券)とは?

とにかくバスが乗り放題になります

いつも運賃を払ったり、ICカードで払っているのでフリー乗車券(一日乗車券)とはどういうものかわからない。という人もいるかもしれません。

奈良交通のフリー乗車券(一日乗車券)は、とにかく決められた範囲の中ではバスに「乗り放題」になるというとっても便利なきっぷです。

例えば一枚のきっぷで、「東大寺」「春日大社」「平城宮跡」「薬師寺」「唐招提寺」「浄瑠璃寺」「法隆寺」などを全て巡ることができてしまうのです。

また、奈良交通の一般の路線バスだけではなく、土日祝日を中心に運行される観光スポットを周遊する「ぐるっとバス」にも乗ることができます。

全部運賃をきちんと払っていると、なんだかとんでもない金額になりそうなルートでも、フリー乗車券なら500円・1000円・1500円の三種類だけ。とっても便利でお得なのです。

乗り方は簡単!運転手さんに見せるだけ

そうはいっても、なんだか乗り方がわからないし。といってフリー乗車券(一日乗車券)を買うのをためらってしまう人もいるかもしれません。

しかし、フリー乗車券(一日乗車券)は、普通に奈良交通バスに乗るよりも簡単にバスに乗れてしまいます。

なぜなら、降りる時(一部のバスは乗る時)に運転手さんに手持ちの乗車券を見せるだけで乗ることが出来るからです。

運賃を払ったり、ICカードを使って乗る場合、奈良交通であれば整理券を取ったり、乗り降りの際2度タッチしたりと乗り方が少しややこしい場合もあります。

しかし、フリー乗車券(一日乗車券)であれば、一度見せるだけ。それでおしまいです。整理券を無理に取る必要もなければ、追加料金を払う必要もないのです。

どこで買えばいいの(購入場所)

とても便利なきっぷだから早く手に入れたい。そう思ってもどこで買えるのかわからなければ困ってしまいます。

しかし、奈良交通バスのフリー乗車券(一日乗車券)は、「近鉄奈良案内所」と「JR奈良案内所」など、多くの奈良交通バスの「案内所」で発売されています。

例えば「近鉄奈良案内所」は、近鉄奈良駅の「西改札口」を出て「市内循環バス」などの表示に従い左側の階段をのぼったら目の前に見える茶色いビル「奈良ラインハウス」の1階です。

営業時間は平日8時半ー20時土日祝日は8時半ー19時となっています。

「JR奈良案内所」は、JR奈良駅の改札口を出ると左側すぐに見えますので、特に迷うことなく辿り付くことができます。

営業時間は平日8時ー20時土日祝日は8時ー18時半となっています。

案内所の営業時間からもわかるように、朝早くフリー乗車券を使って観光したい場合は、前日までに購入しておくことをおすすめします。

なお、観光シーズンは、JR奈良駅のバス乗り場の前などでも奈良交通の運転手さんが乗車券を臨時で販売していることがありますので、そこで購入することもできるかもしれません。

奈良駅周辺以外では学園前案内所、郡山案内所、王寺案内所、八木案内所、桜井案内所(一部)でも発売されています。

観光施設などで使える特典もあり

さて、詳しい乗車券の説明は下で行いますが、フリー乗車券を購入すると、その券の種類を問わずして、丁寧な観光マップがもらえます。そして大変ありがたいことに、寺社仏閣といった観光スポットの拝観料が割引となったり、飲食店の割引が付いてくるといった特典まで付いています。

バスが乗り放題となるだけでなく、観光スポットの割引まで付いてくるとは、大変太っ腹な乗車券ですね!

奈良公園・西の京 世界遺産 1-Day Pass

奈良交通バスのフリー乗車券(1日乗車券)で最も安く、多くの観光客に利用されているものは、「奈良公園・西の京 世界遺産 1-Day Pass」です。奈良市内のほとんどの有名観光スポットはこれ一つで十分めぐることができます。

このきっぷは、奈良市内のみならず隣町である京都府木津川市の「浄瑠璃寺」へも行くことができます。そこではなんと、通常運賃570円のところ、このきっぷを買えば片道で元が取れてしまいます。

奈良市内の主要路線は210円均一の区間が多いので、まちなかで3回以上バスに乗る人は、このきっぷを必ず購入されることをおすすめします。

ちなみに、この500円の一日乗車券は、季節によっては奈良時代風の「木簡型」で発行されることもあります。

◇この切符で巡ることが出来る主な観光スポット

東大寺・奈良公園・興福寺・春日大社・平城宮跡・元興寺・ならまち・唐招提寺・薬師寺・西大寺・秋篠寺・大安寺・法華寺・海龍王寺・新薬師寺・般若寺・浄瑠璃寺

◇料金:大人500円・小人250円

◇有効期間:乗車日(案内所で日付を押してもらった日)当日限り

◇利用可能エリア:詳細(奈良交通ホームページ)

◇特典:興福寺・唐招提寺・薬師寺の拝観料割引、飲食代割引など多数 詳細(奈良交通ホームページ)

◇発売場所:JR奈良案内所・近鉄奈良案内所・学園前案内所・郡山案内所・王寺案内所・八木案内所

奈良公園・西の京・法隆寺 世界遺産 1-Day Pass Wide

500円のフリー乗車券(1日乗車券)に利用可能エリアをプラスしたきっぷが、「奈良公園・西の京・法隆寺 世界遺産 1-Day Pass Wide」

こちらは有効期間は同じですが、奈良市内のみならず、法隆寺方面にまでアクセスすることが可能となっています。

ちなみに、「法隆寺」までは奈良市内からバスで1時間以上かかりますが、春日大社や唐招提寺・薬師寺から直通のバスが出ています。電車との乗り継ぎの不便さを考えれば、全部バスで観光してしまうのもよいかもしれません。

◇この切符で巡ることが出来る主な観光スポット

東大寺・奈良公園・興福寺・春日大社・平城宮跡・元興寺・ならまち・唐招提寺・薬師寺・西大寺・秋篠寺・大安寺・法華寺・海龍王寺・新薬師寺・般若寺・浄瑠璃寺

法隆寺・法起寺・中宮寺・慈光院

◇料金:大人1000円・小人500円

◇有効期間:乗車日(案内所で日付を押してもらった日)当日限り

◇利用可能エリア:詳細(奈良交通ホームページ)

◇特典:興福寺・唐招提寺・薬師寺の拝観料割引、飲食代割引など多数 詳細(奈良交通ホームページ)

◇発売場所:JR奈良案内所・近鉄奈良案内所・学園前案内所・郡山案内所・王寺案内所・八木案内所・法隆寺駅(南)嶋田たばこ店(※唐招提寺・薬師寺周辺といった西の京エリアでの発売はしていませんのでご注意ください)

奈良・大和路 2-Day Pass

奈良交通バスのフリー乗車券(1日乗車券)での中で最も利用範囲が広く、また「一日乗車券」ではなく、2日間利用可能な大変お得なきっぷが「奈良・大和路 2-Day Pass」です。

このきっぷは、奈良市内や法隆寺方面のみならず、山辺の道・桜井(談山神社)・橿原・明日香村(飛鳥)方面、また室生寺もそのエリアに含んでいます。奈良県内の主要観光地の多くをカバーする大変使えるフリー乗車券なのです。

もちろん、奈良市内から談山神社や石舞台、橿原神宮といったスポットまでバスだけで行くのは本数も少なく、所要時間も相当なものですので、なかなか大変なことです。

そのため、このきっぷで桜井・橿原・明日香(飛鳥)方面へアクセスする場合は、JR線、近鉄線の利用と組み合わせて使うのがスムーズな使い方と言えるでしょう。

◇この切符で巡ることが出来る主な観光スポット

東大寺・奈良公園・興福寺・春日大社・平城宮跡・元興寺・ならまち・唐招提寺・薬師寺・西大寺・秋篠寺・大安寺・法華寺・海龍王寺・新薬師寺・般若寺・浄瑠璃寺

法隆寺・法起寺・中宮寺・慈光院

山辺の道界隈・大神神社・談山神社・石舞台・明日香エリア (石舞台・甘樫丘・高松塚・キトラ)・室生寺・壺阪寺

◇料金:大人1500円・小人750円

◇有効期間:乗車日(案内所で日付を押してもらった日)から2日間有効

◇利用可能エリア:詳細(奈良交通ホームページ)

◇特典:興福寺・唐招提寺・薬師寺の拝観料割引、飲食代割引など多数 詳細(奈良交通ホームページ)

◇発売場所:JR奈良案内所・近鉄奈良案内所・学園前案内所・郡山案内所・王寺案内所・八木案内所・桜井案内所

まとめ

以上、奈良交通のとってもお得で便利な「フリー乗車券(一日乗車券)」についてまとめてきました。

500円・1000円・1500円と3種類あるフリー乗車券は、どれを使っても、普通に運賃を払っていくよりは基本的に大変格安で奈良を巡ることができます。

奈良市内を中心に観光するだけなら500円のきっぷで十分使えますし、奈良県全体を巡りたいなら1500円のフリー乗車券で電車と組み合わせて使うと便利です。

奈良県内は鉄道網も田舎にしてはかなり充実していますが、駅から少し離れたような位置にある観光スポットも多く、「室生寺」や「談山神社」など、事実上バス以外でアクセスすることが現実的ではないエリアも多くなっており、バスの利用は奈良県内を周遊する場合には不可欠です。

皆さんもそれぞれの観光目的応じて、どれくらい、またどのエリアでバスを利用するかに合わせて使いやすいフリー乗車券(1日乗車券)を選んで使ってみてください。

フリー乗車券を使えば、スムーズな奈良観光を楽しんで頂けることに間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加