有名観光スポット

【高畑】縁切り・縁結びで有名な「不空院」ってどんなところ?歴史やみどころをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不空院(奈良市)

ごあんない

不空院(ふくういん)は奈良町から続く歴史的町並みが広がる「高畑」エリアの東部、「新薬師寺」や「奈良市写真美術館」とほぼ隣接するような場所に位置する小さな寺院です。

・その歴史は大変古く、かつてはこの地に鑑真和上が住んでいたとされ、その居宅の跡地に弘法大師(空海)が現在の興福寺南円堂の雛形とも言われる「八角円堂」を建てたことが創建の由来ともされています。また、その時期に祀られた「不空羂索観音」は現在も本尊として安置されています。

・創建後、鎌倉時代には叡尊らが戒律を講じ、伽藍も発展するなど活況を見せますが、近世には荒廃し1854年には八角円堂が倒壊するなど厳しい時代が続きました。その後、大正時代に現在の本堂が建造されて以降、ようやく復興が進められ、「不空院」転じて「福院」と呼ばれたこともあり、元林院の芸妓らの「かけこみ寺」としての役割も果たしました。

・その「かけこみ寺」、女人救済の寺として有名になった不空院は、現在も「縁結び」「縁切り」の寺として大変有名な存在であり、寺院の中には「えんむすび」の神様として 「市杵嶋姫大神」と「黒竜大神」、また「えんきり」の神様として「法竜大善神」を祀った祠が設けられています。

・なお、本尊以外の仏像としては女性を守護する「弁天様」として室町時代作の秘仏「宇賀弁財天女」が安置されている他、境内地には弘法大師の石像や聖武天皇の第一皇女である井上内親王の御霊塚など、小さな空間にも歴史の深さを感じさせる様々な見どころを有しています。

・寺院は比較的規模が小さいこともあり、隣接する「新薬師寺」と比べると観光客の数は少なくなっていますが、女人救済の寺としての歴史を持つ空間は、現在も多くの参拝者を集めています。なお、拝観は特別拝観期間以外は事前予約が求められますのでご注意ください。

拝観情報

・春の特別拝観:4月下旬~5月上旬 ・秋の特別拝観:10月下旬~11月上旬

※特別拝観期間以外は、メールまたは電話で事前に拝観の予約が必要となっています。

リンク 不空院公式ホームページ

不空院の風景

不空院の山門

山門は、新薬師寺の東側に伸びる小道沿いにあります。周辺は高畑エリアの町並みの東端部にあたり、静かな風景が広がっています。

不空院山門前の石標

お寺の石標には通称の「福井の大師」もきちんと記しておられます。

不空院境内地を望む

境内には小さな石像など、本堂以外のみどころも多いのが不空院の特徴となっています。

アクセス

奈良交通バス

・JR、近鉄奈良駅から「市内循環外回り」「山村町」「藤原台」「鹿野園町」「奈良佐保短期大学」行き乗車、「破石町」下車、東に徒歩10分

近隣スポット:新薬師寺から北に徒歩2分、鏡神社から北東に徒歩2分、奈良市写真美術館から北東に徒歩4分、志賀直哉旧居から南東に徒歩5分、白毫寺から北西に徒歩15分、春日大社本殿から南に徒歩12分

周辺地図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加