有名観光スポット

【興福寺】五重塔をバックに4月末に咲き誇る「興福寺の八重桜」を写真でご紹介!【桜の名所】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
興福寺五重塔と八重桜の共演

ごあんない

・奈良市で最もよく知られた観光スポットである興福寺の西側一帯、奈良のメインストリートである「東向商店街」や「近鉄奈良駅」にも大変近い空間には奈良市の市章にも用いられ、奈良を代表する花である「奈良八重桜(ナラノヤエザクラ)」が咲き誇ります。奈良八重桜は成長させるのが難しい木として有名で、寿命も短い存在ですが、いざ花を咲かせるとソメイヨシノよりも豪快で鮮やかな赤みがかった花で木を埋め尽くします。

・奈良公園周辺では枝垂桜からソメイヨシノ、ヤマザクラ、九重桜に八重桜といった多種の桜が植えられているため、桜シーズンは例年3月下旬から5月上旬まで約1か月以上に渡り、観光客を多いに楽しませてくれる存在となっていますが、この奈良八重桜はその中でも最終期の4月下旬から5月上旬にに見ごろを迎えます。

・興福寺の奈良八重桜は、「北円堂」の南側、また「南円堂」の北側となる一帯に咲き誇り、特に晴れた午後の時間帯は五重塔を背景に日差しに照らされた桜が輝く姿がひときわ美しい風景を見せてくれます。

・なお、八重桜の咲く地点は「東向商店街」から興福寺へと登る抜け道沿いとなっており、桜シーズンと同時期には例年「北円堂」の特別開扉が実施されたりしているものの、周囲のにぎわいと比較すると観光客の数が比較的少ないエリアになっており、ちょっとした「穴場」スポットとも言える存在にもなっています。しかし、桜の木の下では外国人観光客をはじめ、多くの人々が思い思いの時間を過ごし、家族で記念写真を撮るなど「桜」そのものは常に人気の存在となっています。

「興福寺の八重桜」の風景

奈良八重桜(興福寺境内)

奈良八重桜は、奈良九重桜と同様に「葉」を出しながら花を咲かせます。花の色はソメイヨシノよりも濃い色合いをしており、鮮やかな花びらは日差しがあたると一層美しく光り輝きます。桜の木の下にいけば、その存在感に圧倒され、なんだか不思議な気分になることでしょう。

五重塔と奈良八重桜

北円堂の手前からは、五重塔と高円山大文字火床、そしてヤエザクラを同時に眺める風景を楽しんで頂けます。また、「中金堂」の復元完成により、今後は一層ダイナミックな風景を楽しんで頂くことが可能です。

アクセス

近鉄奈良駅から南東に徒歩5分

JR奈良駅から東に徒歩15分

奈良交通バス

・JR奈良駅から近鉄奈良駅方面各路線(市内循環外回りなど)乗車、「近鉄奈良駅」下車、南東に徒歩5分

近隣スポット:八重桜は興福寺内「北円堂」南側及び「南円堂」北側一帯に広がります。周辺は奈良公園一帯、興福寺五重塔から北西に徒歩3分、猿沢池から北に徒歩3分、奈良国立博物館から西に徒歩8分、奈良ホテルから北西に徒歩12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加